Search
Profile
Recommend
Give It One
Give It One (JUGEMレビュー »)
Hugh Seenan,Richard Bissill,Tim Jackson
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
パペット「欣ちゃん」
欣ちゃん。      平和を愛するスマイリーキャラ。 私の技術不足ゆえに、歩いてるだけなのですが…。 これって、アンオフィシャルグッズに入るの??
FLA時計
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
2016.12.01 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
さーてオクソラ12巻を描いてくぞ、と。
2016.12.01 Thursday 23:36
img20161201_232728.jpg
こんなコウシ初めて描いた。楽しかった。フモイがたれ耳犬だったから、コウシ立て耳犬。

クリチャの過去巻読んでたら、ゲスペで「コマ数が多くて見にくいよ」との指摘を発見し、今はどうかと見直してみたら、コマが多くなってた!
見辛いのは、文量?フキダシの多さ?時の雑さ?背景の描き込みすぎ?とか色々探った結果フォントサイズが小さいことに最近気付いたので直すようにはしてたんだけど、コマ数にも問題あったようだ…。
一応、背景も抜いて良さそうな所は敢えて抜いてみてる。
他にも問題ありそうだ…

コマ数やらなんやら、読みやすくしてったら画面の密度が下がるので、当たり前に手数が減って描くスピードも上がった。

シャーペンの芯も、モノによって薄いし、色々と検証の余地がありそうだなぁ…。


| miyako | | comments(0) | - | pookmark |
クリチャ32完成!
2016.11.30 Wednesday 23:26
img20161130_231215.jpg
img20161130_231114.jpg
わーっ!もう…!(感涙)なんか、嬉しいとしか言いようがない…ひたすらに…
この達成感…単純に2年ぶりだよね、32巻を描き始めたのが2015年の年明けだった。オクソラに至っては、12巻の巻頭が「2010年」となってます…!

描き上がるって、嬉しいなぁ。描くって言ったら、仕事終わってご飯作ってご飯食べて片付けて、限られた時間の中でコツコツ毎日2ページとか3ページとか進めていくしかなくて、日中仕事もやって夜はゆっくりしたいところだし、中々大変だ。
でもきっと、あとで自分の娯楽になるし、積み重ねって大事だね。「積み重ね」と言えど私「努力」は嫌いだから、「楽しんで」描けたらいいなと。

また義姉さんはじめ誰かがきっと読んでくれると思うと、それもまた嬉しいね。描きたくなっちゃえる。

とりあえず並行して進めてたクリチャとオクソラ、並行して進めてたおかげでオクソラも12巻描き上がりが近い状態でクリチャ32を描き上げられたから、今度はオクソラ12を描き上げるぞ〜!2010年って何だ2010年って!放置しすぎだー!!やー!!
| miyako | | comments(0) | - | pookmark |
アイディアメモ、覚書。
2016.11.19 Saturday 08:39

 

・川上さんやNARGOの衣装がいい感じ。スラックスや上着襟に金ライン、カーキ。川上さんのは、胸空き少なめ。ササやミドリに似合いそう。
・あ、北ちゃんも。エアフォース的な。
・ライブハウスライブ…ね。
・やっぱキーボードの人はぴょんぴょんしてしゃかりきやらんと。Dizzysはやはり至高。ミカも暴れさす。
・欣ちゃんがストール的な飾りを垂らしてて、それもいいね。
・やはり10人絵をもっと描きたい!!10人にて最高にかっこいいんだから!!
・ドラムにMIDIパットを備える…あ、サンプリングパット、サンプルパットというみたいだね。音のサンプルってことかな。あれはいい。幅が広がる。

| miyako | オクソラ! | comments(0) | - | pookmark |
ケータイ
2016.11.16 Wednesday 20:10
img20161116_195947.jpg
オクソラ、現在でも描いてますが、描き始めたのは10年前とかです。
作者の世界ではすっかりスマホの台頭ですが、オクソラ描き始めた時から中の世界の流れは変わってないので、あえてガラケーのまま描いてみてます。

…しかし、多分コウシ描きまくってるせいで13の髪型間違えたんだわ…短くってあれ?って思ったもんな。

話がすすむに連れキャラが増え容貌が変わるクリチャと違って、オクソラはそういう概念なくていいね。
てなわけで堂々と表にUP!
| miyako | オクソラ! | comments(0) | - | pookmark |
ひかり
2016.09.19 Monday 08:42
img20160919_082632.jpg
「明日、死んでもいいくらい全力で、いきている。」


--------*-------*-----*---

Oh!バランスがひっど〜ぅい!写真に撮るとわかるから、それを基に調整かけるといいね。ま、ドローウィングペン一発描きにしてはがんばった方だ。うむ。
W1だけだと微妙に淋しかったな…アンニュイな絵でもアンニュイな子でもないし。雰囲気にあってなかったね。
| miyako | オクソラ! | comments(0) | - | pookmark |
映画・秘密-THE TOP SECRET-感想
2016.09.02 Friday 02:24

img20160902_011748.jpg
以前人のを見て真似してみたかったコピックW1オンリー彩色(影付け)。うん、バランスひっどいけど好きだ!またやろ〜。
え?感想っつってんのになぜ4って?んなもん描きたかったからよ。4も感想も。まぁエッセンスにもならんエッセンスですわ。

じゃあ感想行こう!

※原作・映画両方のディープネタバレ注意!!※












箇条書きのような。つらつらといくぜ。
ち・な・み・に!!
超〜〜〜〜個人的意見です。批判に聞こえるかもしれませんが、否定は全くしてません。「イヤだ」とか「ここはダメ!!」って言いたいわけではなく「私の好みではなかった〜ザンネン(´・ω・`)」って言ってるだけです。感想ですから。感想。レビューでも人へのオススメ文でもございやぁーせん!私自身は満足しているのです。



【キャスト】
…については…言及するまいと。見るずっとずっと前から思ってたけど。一応やっぱ感想を持ったから。

・青木…まぁいいかなと。スーツ見てて「えっデカッ!?青木のイメージに合ってる!」とか思ったけど、180だった岡田将生。そうでもなかった。
・薪さん…正直公開前はザンネンだったけど、見てみると意外と悪くない…!?それより周りがね、ザンネンだったから、かし、ら…(沈黙)。
・三好先生…ヴィジュアルはバッチリだけどなんかこう…女性らしすぎるというか…男勝り感が足りない。そして言い回し不自然すぎワロタ。「〜だわ」みたいな口調がもつれてるもつれてる…。
・オカベさん…存在小さすぎでしょ!?オカベさんってもっと重要な存在じゃん!なんだったら大倉さんより存在薄いじゃん…キャストヴィジュアルはいい感じなのにー!!(泣)
・ちょいちょい謎なキャラ居るな。斎藤先生とか眞鍋警部とか。斎藤先生のイカレっぷりは素晴らしかったけど。
・鈴木…キャスト…出番に対して豪華だね…?
・天地…最初ェってなったけど、女性捜査官はエッセンスとして必要だし、生半可な映画オリジナルキャラ出すのも如何かと、そこで天地の名前を使ったと推定されるのでまぁいっか。何より可愛い。ふむ、木南晴夏だって?うん可愛い!(2回目)
・貝沼…「お、おぅ?」ってなったけど、別に抵抗はなかった。シリアルキラーたるサイコパスぶりが出てりゃそれでいい。パンフで原作とのギャップについて言及してたけど、正論だったな〜。
・絹子…こ、これが素晴らしい!!素晴らしかった…!!すっごく!すっごくね!!良かった!!「男を魅了するサイコパス」という原作のコンセプトを全く外れずベストの「映像化用絹子」にブラッシュアップされている。漫画の絹子は少女漫画であるが故に透き通るように美しく人を惹きつける少女として描かれているけど、映像化した時はこれでいい!妖艶で肉感があって、声もねっとりと絡みつく。今回の感想の中で良かったことベスト3には入る。

【ストーリー】
・冒頭から「ぴ…PG12…?;」と思わせるカット。よしよし、秘密っぽいと幸先の良いスタート。その後のグロさも中々。
・…が、「ゾクゾク感」が今一つ…。先回りで答えを言い過ぎ。学少年が全盲なことや、ジップの脳を見てることとか。(てかジョンて何や…名付け雑すぎるやろ…)「う、うわぁ〜そういうことかぁああ」ってゾクゾク感がほしいのに。あと人の心の闇というか、えげつなさが控えめ…飢えすぎて眞鍋死ぬ場面の絹子のサイコパスぶりにすげぇ笑顔だったもん私。そして皆して発狂する脳画像の判定が低すぎる…この程度で発狂されましても…。役者(映画)と私との間の温度差が…
・PG12のためか、絹子の性的虐待や貝沼の「“抱きたくて”ころしたくて」発言や「愛してるぜ薪さん」がカットされてたり…。パンフでもチラッと出てきたのだが、そもそも今回の絹子のコンセプトが「父親の愛情を求めて手に入らず壊れた」なんだとか…。そ、そうか…性的虐待されたことへの当てつけ復讐でサイコパスになったんじゃないのね…?;それで最後の火に囲まれるシーンの台詞は合点が行くわ。聞いた瞬間は「??;」だったけど。でも原作知らない人はそれで納得行くんだろうか…。(R18にしてエゲつない内容でも良かったかも)
・ただ、どこがカットされたのかすぐわかるのは、原作にある程度忠実だからなんだと思う。
・そもそもスキャンの仕方が違って「お、おぅ…?」ってなったけど、パンフ読んで納得!パンフ最初買う必要もなかったかな…って思ったけど、初めて「役に立った」かも!値段もさほどでないし。

・正当防衛シーンは、映像化ジャスティス!!漫画だと緊迫感がね。コマもたくさん取れないし。その点、映画だと盛り上がり所という美味しさ。
・…ところでパンフの作りと安さ、WOWOWムービーである点など、全体的に省エネなイメージねこの映画…?あんまりどどーんと売り出さないというか、大友監督の作りたかったものを大友監督のやりたい感じで作ったというか。清水先生の言うとおり、かな。映画は既に漫画の手を離れた全く別のものになってるよね。原作と比較することはあっても優劣を決めるものではない。原作にまっっったく同じでもつまんないよね。
・それにしてもまさかの貝沼と絹子を選ぶとは…わかってるね〜。詰め込みすぎてストーリーが窮屈な印象はあったけど、どっちも外せない、かな。色々考えたけど。その上で、この重たい二つの話をやや強引だとしてもよくここまでまとめたと思います。

・…納得行かないのは、「綺麗な記憶もあるんだよ…☆」と結論が上手いこと美化され、あろうことか薪さんもそれに乗っかってしまったこと。
人の記憶をのぞき見ることも、それを捜査に使う倫理性も、人の記憶の歪められやすさ(いかに主観的であるか)、人の醜さなんかも、全て映画の外までほっぽって、結論つけずに終わっちゃって良かったと思います。是非や善悪、何が正しいのかを問いかけて、考えさせる終わり方をしても良かったのかなって。
まぁ、でも多分、パンフとかも読んで大友監督の方針や作品をどういう風に作るかって考えの過程を読んだら「そういうまとめ方」にもなっとくかなー、と。

いずれにせよ公開前から思ってたことだけど、「秘密」の存在を、清水先生の存在を、こういう面白い漫画もあるんだよ!!ってことが世の中に頒布されたことは、感謝するにほかなりません。
そういう意味でも、楽しませてもらいました。

…そしてやべぇ、シーズンゼロ4巻も出てんのか…買わねば…(死)
つーかスピンオフではないと思うのは私だけー!!ってか欲しいー!!買いたくなったー!!

そして厨二分すっっっげーーー充電された。もっそい。素晴らしい。厨二分も私に足りない要素だったのかと再認識いたしました。映画さいくー。明日も見に行こうかな!!!!

| miyako | 映画レビュー | comments(0) | - | pookmark |
過去の自分てよく記事のタイトル思いついてたなとか。
2016.03.28 Monday 00:26
img20160328_001730.jpg
人にオクソラ貸す話になったので久々に読み返したら、どエラく青春してて、これを私が描いたと思うと恥ずかしすぎて顔から火出そうになったのだが、それもそのはず、だっていくら同じmiyakoと言えど青春真っ盛りの時期に描いてるんだもん。そりゃーーーね。

しっかし久々に描いたけど、パース狂い放題だし写真撮ると尚更アラが目立つし久々すぎて根気がないから細部荒すぎる。
自分が漫画家になろうとしなかったのは、このアラを直す向上心とこれで喰ってくことにピンと来なかったから。そこまで…って。それ以上にもそれ以外にも、好きなことはあったしね。

SNSにUPしようかと思ったものの、やはり身バレ嫌すぎてやめた。これまた久々に季節風の更新と相成ったのです。

やべぇ日を跨いでしまった、青春してた若い身ではないのだ、寝なければ頑張れんおやすみ。
| miyako | オクソラ! | comments(0) | - | pookmark |
鳥は死を名づけない、ってやつの、薬を拒んだ理由
2015.01.09 Friday 23:20
なんか落ち着かない。なんかもやんとする。
本を読んでも、ネサフしても楽しくないしすっきりしない。
やけ食いしたくても出かけるほど体調も良くない。ていうか別に何も食べたくない。
思い切って寝ちゃおうか?でもなんか眠れない。そわそわして落ち着かない。
会いたいねぇ、とも思うけど、あー…そういえば連絡してないなぁ、って、それぐらい不抜けてた。

会えないことによるもの?そういうとき、依存してんのかねぇ、とも思ったり。でもなんか違う感覚のような。

うつらうつらする。なんか、こういうとき服薬してたら薬が欲しくなるんだろうな。みたいな不安定感を覚える。

やっぱ精神疾患患者なんだろうか、とか思っちゃうような、一度コケてレッテルを貼ったのは、他ならぬ私である。

なんか文章おかしい…やばくねこれ。

動く気にならないのに、ここにいてもたってもいられない。発狂しちまいそう。
この落ち着かなさ、鬱じみたときのにすっごく似てる…そわそわそわそわ。

書き殴り系のボールド絵を描きたかったんだけど、フツーのA4にユニプロッキーは荷が重かった。しかも紫。反省してます。

病んだ系の4描いたから、うしろめたい兄ぃに代わってTWプロにしてもいいんだけど、遠回しにメッセージ性を殴り込むためLINEプロ画にしよう。よしそうしよう。

めんどくさい?そんなこたぁわかってんだよ、百も承知だよ、敢えてやんだよ。

なにしても落ち着かない反面頭がぼーっとしてフラット、無駄な抵抗をやめてるみたいなので、兼ねてより書きたかった遺言書ver.2を書きます。遺書じゃないよ、ユイ・ゴン・ジョー。

なぁに、必要なことなのさ。死ぬわけじゃないんだから目をつぶっておくれたまえ。

  
| miyako | 雑記 | comments(0) | - | pookmark |
Crimson Child-紅の子-26
2015.01.09 Friday 02:00
| miyako | | comments(0) | - | pookmark |
Crimson Child-紅の子-25
2014.12.13 Saturday 02:17
| miyako | | comments(0) | - | pookmark |
←back 1/309 pages next→